JMRC関東ラリー部会の紹介

Topindex.html
 

 JMRC 関東ラリー部会は、JAF 関東地域クラブ協議会 (JMRC 関東 ) の中の専門部会であり、関東地区 1 都 9 県の 各県ラリー部会が集まった組織です。各県ラリー部会の代表が集まり、情報交換をはじめ、各地区の問題を話し合 い、また全国の JMRC 組織の中心としても、関東地区に限らず全国のラリー活動を支えています。参加台数の減少、 競技保険、SS の許認可等、諸問題が山積されていますが、皆様のご協力の下、ラリー界発展のお手伝いをできれ ばと考えています。関東では下記の 3 つのラリーシリーズが開催されます。


・JMRC 関東イーストラリーツアー

・JMRC関東 長野県ラリーシリーズ

・JMRC関東 群馬ラリーシリーズ


 JMRCラリーシリーズ関東統一規則書は、上記 3 シリーズの統一規則であり、関東地区のラリーのスケジュール、申込書がこの 1 冊に網羅されています。 JAFのルールブックであります「モータースポーツイヤーブック ( 通称、赤本 )」と合わせまして、競技規則や車両規定をご理解いただければと思います。

JMRCとは

 JMRCは、 JAF MOTORSPORTS CLUBS REGIONAL CONFERENCEの頭文字を取って略称としたもので、正式名称は「JAF登録クラブ地域協議会」です。全国を、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の8地区に分けて、各地区のJAF登録クラブ・団体を組織化する事によって個々の活動を活発にする事を目的に、1982年にJAFによって作られました。この組織を通じてクラブ間の交流が計られ、モータースポーツの地域的な問題の解決などに成果を上げています。JMRC関東ラリー部会は、JAF関東地域クラブ協議会(JMRC関東)の中の専門部会であり、関東地区1都9県の各県ラリー部会が集まった組織です。

スポーツ安全保険とJMRC関東見舞金

 JMRC発足と同時に始まった共済制度は、保険業法の改定により大きく変わり、JMRC関東は 財団法人スポーツ安全協会の「スポーツ安全保険」への加入移行を主にし、「JMRC見舞金制度」を従とした2本立てとなりました。 モータースポーツを職業としている方は「スポーツ安全保険」に加入できませんので「JMRC見舞金制度」に加入していただきます。(両方に加入することも可能です) 「スポーツ安全保険」はクラブ単位での加入で1クラブ5名以上を基本とします。C区分とA2区分の2区分があり、両区分を合わせての人数になります。A2区分(年額1000円)はスポーツ活動中は補償の対象になりません。応援、サービスでケータリング行為は補償内ですが、車に触った場合(サービス行為)を行った場合は補償外になります。競技に参加される方(サービス行為を含む)はC区分(2500円)への加入が必要です。 補償額は両区分とも死亡2000万、後遺症(最高)3000万、入院1日4000円、通院1日1500円、さらに突然死葬祭費用180万円と、また自宅から会場までの往復中も対象となり従来の共済制度(年額1000円)に比べ、保険料が高額(2500円)になりますが、補償額も2倍以上になりますので、非常に有利な制度です。 「JMRC見舞金制度」は今までの共済制度と同じですが、加入費用は3000円になり、「スポーツ安全保険」のC区分より高額になり、残念ながら補償は従来どおりの死亡1千万円になります。

また、ワンイベント見舞金制度も継続します。クローズド格式競技に参加されるライセンスをまだ持っていない選手やライセンス未所持のオフィシャルスタッフ・ピットクルー・サービスクルー、JMRC関東見舞金制度に加入していないドライバーを当該1競技会開催期間限定で加入できます。  加入金は1名につき1500円になります。ライセンスの有無で補償額が変わりますので、詳細はJMRC関東事務局までお問い合わせください。

JMRC関東ラリー見舞金制度

 JMRC関東の協力により、JMRC関東ラリー見舞金制度(対人、対物を補う1競技会ごとの共済)があります。詳細はこちらをご覧ください。